二重なら整形の費用を確認【切開法のほうが安定した二重を作れる】

女性

カウンセリングを重視

目

二重の整形にトライする場合に、クリニックを選ぶポイントは、費用面だけではなくその費用に見合った施術を行ってくれるかです。カウンセリングを重視してくれ、安心感を得ることができるクリニックこそ、選ぶに値するクリニックなのです。

ノリやテープいらずの目に

鏡を見る人

実はお金をかけずにできる

ドラマやドキュメンタリー番組の影響もあり、未だに整形には高額な費用がかかるというイメージが強く持たれていることは否めません。しかし、整形といっても手術の種類が変われば必要な費用も変わるため、中には数千円という非常に安価な料金で利用できるものもあります。例えば二重手術は其の代表的といってもよいような手術のひとつで、数千円で受けられるケースは稀ですが、2万円〜5万円程度が平均価格帯といえるため、それほど古楽ではないと言えるでしょう。注意しなければいけない点として“値段だけを見て手術をきめるのは避けたほうが良い”ということが挙げられます。二重にする方法はいくつかあり、メスを使わない埋没法、メスを使う切開法の2つに分類できるのですが、その2つから派生する施術方法もあり非常にバリエーション豊かな施術方法があるのです。どうしてこんなに施術に種類があるのかというと、個々人の体質や好みに合わせるためで、裏を返せば自分のイメージ通りの二重を実現できる施術方法は限定されているともいえるでしょう。まぶたの厚みがある人であれば埋没法よりは切開法のほうが安定した二重を作れますし、人にバレにくいよう手術をしたいのであれば埋没法のほうが向いています。そのため、整形は費用で決めるのではなく、自分のなりたい二重が作れるかどうか、また安定したラインを作るために必要な施術は何かをじっくりと選んだほうが良いのです。予算はもちろんですが、美容医師と相談しながらカウンセリング・シミュレーションを重ねて手術方法を決めることをおすすめします。いくつかの二重整形術がありますが、それぞれに特徴があり、さらにいえば料金の相場もまちまちです。比較的費用が抑えられるのは埋没法で、メスや脂肪吸引などを行わない施術方法なので両目あわせて2万円〜4万円ほどで費用が抑えられるでしょう。ただし、糸を使った施術の場合、糸を止める箇所が増えれば料金が増えるため、2点どめ・3点どめなどといわれる術式の場合は5万円〜7万円ほどの費用になる可能性もあります。一方で切開法はやや料金が高めですが、半永久的に効果が持続するともいわれており、もちがよいのは特徴でありメリットの一つです。まぶたを切開する方法ならば両目合わせて5万円〜10万円が平均的な費用になるでしょう。実はこうした方法だけでなく、瞼を引き上げる力を強める施術や目頭・目尻を切開する施術を二重整形と合わせて利用する人もいます。施術を組み合わせることで実現できる瞳の大きさや二重ラインも変わるため、2つ以上の施術を受ける人も少なくないのです。目尻や目頭切開は7万円〜15万円、脂肪吸引などは10万円前後の費用がかかりますが、美容クリニックによっては割引料金が適応される場合もあるでしょう。なりたい瞳と言うのは人によって異なります、だからこそ正解の整形方法がないため、術式を決めるまでには時間がかかることでしょう。しかし、一度施術を受けてしまえばその後はメイクやテープなどで作らなくてもしっかりとしたラインで、ぱっちりとした瞳に生まれ変われるのです。じっくり悩んで自分に合った方法を選んでみれば、新しい自分と出逢えるかもしれません。

施術と受診の流れ

カウンセリング

一口に二重整形と言っても、クリニックや手術方法、費用は大きく変わります。まずは自分の理想とする二重のイメージを明確にしましょう。それぞれの施術のメリットとデメリットをよく比較して、無理なく受けられる施術方法を選ぶことが大切です。

理想の瞼は施術でつくれる

目

理想の二重をつくる為には埋没法と切開法という方法があります。費用や施術の方法が異なりますが、それぞれの施術の特徴を知ることで、より理想に近い瞼を手に入れることが出来るでしょう。目にコンプレックスがある方に美容整形はおすすめです。