二重なら整形の費用を確認【切開法のほうが安定した二重を作れる】

女性
  1. ホーム
  2. 施術と受診の流れ

施術と受診の流れ

カウンセリング

保険の適用範囲を確認

すっきりとした一重は独自の魅力を持っていますが、クールな人と見られがちです。ぼってりした一重の場合は、眠そうな印象を与えることもあります。女性の場合はお化粧でカバーすることも可能ですが、男性だとなかなかそうはいきません。ぱっちりとした二重に憧れ、整形手術を検討したことがある方も多いのではないでしょうか。最近では二重の形成手術はプチ整形とも言われ、気軽に施術を受けられるものとして浸透してきました。美容外科クリニックもたくさんあり、テレビで宣伝を見かけることもあります。多くの場合は受診前に予約を必要としますので、各クリニックに問い合わせて確認しておきましょう。施術前にはカウンセリングを行い、器具や画像ソフトなどを使用してイメージを固める流れが一般的です。二重の幅や形で顔の印象が変わりますから、とても大事なステップですね。手術方法には、大きく分けて埋没法と切開法の二通りがあります。埋没法は、まぶたの数か所を糸で留めることでクセを作り、二重を作る方法です。一般的にはまぶたの2〜3か所を留めます。元の状態に戻すことができ、手術に伴う腫れも少ないことから人気の施術方法です。切開法に比べ、かかる費用も安価です。切開法は、まぶたの一部、または全体をメスで切除することで二重を作る方法です。まぶたが厚い方に向いている施術方法です。しばらくは傷跡が残り、腫れもありますが、元に戻ることのない手術方法です。初回受診時にどちらの方法にするか決まっていなくても問題ありません。カウンセリングの中で、トータルの費用や施術方法を確認するようにしてください。二重の手術にかかる費用は、受診する美容外科クリニックによって異なります。だいたいの相場としては、埋没法が5〜10万円、切開法が20〜30万円程度です。著しく安い値段で施術が受けられるクリニックでは、手術時に使われる麻酔費用が含まれていないケースもありますので、事前にきっちり見積もりを取るようにしましょう。いずれにせよ、施術費用が高いほど整形結果が良くなるというものではありません。クリニックの評判や施術実績などを参考に検討してください。特にカウンセリングをしっかりと受け、大切な体を任せられると感じるお医者さんを選びましょう。美容外科クリニックでは、審美的な目的で施術を受けるため自由診療の対象となり、手術費用が高額になりますが、一部保険診療の対象となる場合があります。眼瞼下垂や逆まつ毛の症状がある場合です。眼瞼下垂は、まぶたが下に垂れ下がり、黒目の何割かを覆い隠してしまう症状です。まぶたを持ち上げる筋力低下が原因とされていますが、視野が遮られて狭くなり、物が見えづらくなることで眼精疲労や頭痛にもつながります。逆まつ毛は、まつ毛の一部または全体が眼球に向いて生える症状です。まつ毛によって眼球を傷つけるリスクが高く、視力の低下にもつながります。いずれも治療に伴う手術が切開法と同じため、結果として二重になります。整形外科、眼科でも可能ですが、手術は美容外科で治療に踏み切る方が多いようです。副産物としての二重とはいえ、今後の顔のイメージを左右するものですから、できるだけ理想に近づけたいですね。